CLONITAS/Happy Mama's Story

月刊『からだにいいこと』セレクト 優秀作品&入賞作品発表(たくさんのご応募ありがとうございました!)

選定にあたって

子育てには、さまざまな不安がつきものです。
でも、それ以上に楽しく幸せをもたらしてくれるものが
「子育て」なんだと、改めて知ることができました。
たくさんの素晴らしいエピソード、
ほんとうにありがとうございました。

「クロニタス企画部」&「からだにいいこと編集部」は、
子育ての「見えない不安」をふきとばしてくれるストーリーや、
みんなで子育てしている様子が伝わってくるストーリーなど、
あたたかな眼差しを感じる優秀作品&入賞作品を
選ばせていただきました。

それぞれにドラマが詰まった感動的なストーリー、
ぜひご覧ください。

優秀作品/3名様 入賞作品/11名様

三兄弟

Happy Mama's Story

三人目妊娠中の時、切迫流産で絶対安静だった私。
私は両親を早くに亡くしているので手伝ってくれる人がいなかったのですが、動けない私に代わり、長男次男が料理を作り、食器洗いをして、お風呂を沸かして自分達で全部やってくれていました。
文句など一切言わず、ママは元気な赤ちゃんを産んでね!と言ってくれた息子達。
おかげで私は無事三男を出産することができました。三男が生まれてからも、長男次男はミルクをあげたり、寝かせつけを手伝ってくれ、私をサポートしてくれています。本当に優しい息子達です。

月刊『からだにいいこと』編集部からのコメント

息子さんたちが妊娠中のママを助けて、弟が生まれてからもミルクをあげたり、お手伝いする様子が素敵です。 キリキリすることなく、子どもたちの手助けを素直に借りられるママも素晴らしいですね。

ゆう君

Happy Mama's Story

ゆうくんがお母さんのおなかにやってきてから、本当にたくさんの人にやさしくしてもらったんだよ。 おばあちゃんは、お母さんの具合が悪いとき、8時間もかけてやってきて、家事を手伝ってくれたよ。 ひいおばあちゃんは、ゆうくんのために、得意の洋裁を生かして、マットや服をたくさん縫ってくれたよ。 スーパーの店員さんや、タクシーの運転手さんに「大丈夫ですか」「気をつけてね」と何度も声をかけてもらったよ。 お向かいの農家さんには「元気に大きく育つように」と野菜をたくさん分けてもらったよ。
おなかの中で、たくさんの人の優しさに触れていたゆうくん。
「少し早く出てきてくれたら、年末で遠くに住む家族も会いに来られるよ。 お父さんともゆっくり過ごせるから、早く出ておいで」といっていた、お父さんとの約束をしっかり守ってくれた、やさしい子。
そんなあなたの名前に「優」の文字をつけました。
おなかの中にいたとき、あなたにしてくれたように人に優しい出来る子に、人を優しい気持ちに出来る子になってね。 そんな子に育つように、お父さんと二人で頑張るよ。

月刊『からだにいいこと』編集部からのコメント

家族みんなでママを応援している様子が、よく伝わってきます。 パパとママが、その子のためにつけた名前、そこにある思いもとても素敵です。

奇跡

Happy Mama's Story

重症仮死で産まれた娘。初めて見る娘は、真っ黒な身体にたくさんのチューブや機械を繋がれて、まさに『生かされている』状態。「私の命を削ってもいいから、この子を助けて。」心の中でそう叫んだ。
生命の淵から1週間ほど経ち、初めて触れる娘はとてもあたたかかった。あやしても泣き続けたり何をするのも嫌がったり、大変なことだらけで、「ダメなママでごめんね。」と何度思ったことか。
「ママ、大好き。」その言葉だけで強くなれる。守りたいものができたことで、私は強くなった。
産まれたことの奇跡生きていることの奇跡今度はあなたがママになったとき、あなたに教わったことを全部教えてあげるね。

月刊『からだにいいこと』編集部からのコメント

生まれた時にはとても不安な状態で、お子さんが産まれたこと。 生きていることが奇跡だというママが、子育てを通じて成長し、そのことをお子さんにも伝えたいというメッセージが感動的でした。

入賞作品

Happy Mama's Story

いつも笑顔で、まだ理解不能ですがたくさんおしゃべりしてくれます。保育園でもリーダー的存在のようで、お迎えにいくとお友達を引き連れて出て来ます(笑)。 初めてのシャボン玉には驚きと喜びの素直な表情にパパもママもキュンと幸せな気持ちになりました。あっという間に成長する娘を見逃さないようにたくさん目に焼き付けていきたいです。

Happy Mama's Story

一人だった子供が一人ずつ増えていき今では3人。毎日子育ては大変だけど、子供たちの笑顔に救われています。 時にはけんかをするけどなんだかんだでいつも兄妹仲良く、小さな妹のことが大好きなお兄ちゃんたち。 妹の名前は、長男が妹がまだ性別もわからずお腹の中にいるときにお腹に話しかけていると『お腹の中の赤ちゃんは、女の子で名前は、にこちゃんっていうんだって』と。 産まれてきたら女の子!子供の不思議なパワーに驚かされました!長男の言ったとおり名前はにこちゃんにしました。 ママもパパも仕事が忙しくてなかなか遊んであげられないけど、子供たちのおかげで頑張れています!

Happy Mama's Story

娘の初節句を終えた頃から、私(母親)の視力に異常が現れ、病院で精密検査を受けることに。 結果は難病指定されている不治の病と判明。失明することもある恐ろしい病気であり、この先娘の成長をこの目で見ることができなくなるのでは?と恐怖に押し潰される日々でした。 必死で治療を受け、主人の支えもあり、病状は安定。しかし今も薬はやめられず病気とうまく付き合うことに。 娘の笑顔をこの先もずっと見続ける為にも母は負けず、前向きに頑張るのみです!

Happy Mama's Story

動物園で、初めて動物に触れ合いました。ひよこを私たちが触ると怒り出し‥
ヤギと水鳥たちとキリンとサルにエサをあげてみて 息子は怖がらず楽しそうでした。
初めての体験に楽しく過ごせました。

Happy Mama's Story

サイパンに行った時の面白ショットがあります。
けっこう笑えます。

Happy Mama's Story

大雪の翌日飛び出てきたよ♫すくすくおっきく育ちました♡ ベビーラックから転落したときは心臓とまるくらい焦って電話かけまくったりオデコをおもいっきりぶつけたときは心配で心配で。。。。 初めての熱は気になって朝まで寝れませんでした。毎日、朝から夜まで食べ通し、遊び通し! 滅多に泣かない元気な子♡ そんな琥我ももう一歳ですっ♡ 家族みんなの大切な宝物♫♫♫

Happy Mama's Story

5年生の時に大好きだった友達と少し心の距離が離れて、同じ公立の中学には行きたくないと泣いたよね。 「パパも昔、同じようなことがあったよ」と私立を受験する方法を伝えました。 今まで自分から積極的に取り組むことがなかった英虎が、茹だるような暑い日も前が見えないような土砂降りの日も、凍えるような寒い日も、少し熱が出ている日も、一日も休まずに塾に通いましたね。 結果、第一希望に合格したね。家族・親戚・兄妹・友人・塾の仲間と先生達が、英虎が頑張っているからこそ、応援してくれたんだよ。 でも、誰よりも英虎自身が最後まで自分を信じて諦めなかったこと。このことが一番大事だとお父さんは感じています。 大好きな英虎に。下を向かずにこれからも歩いて行くんだよ!

Happy Mama's Story

息子は毎日 お母さん大好きと言って ギューットしてくれます。 忙しい時は面倒くさいと思ってしまう日もあるけど こんな風に寄ってくるのもあと少しと思うと寂しくなります。 突然、変な事をしたり、怪我をしたりと 毎日色々しでかしてくれるけど、とってもかわいいです。

Happy Mama's Story

年子の妹とは双子のように仲良しで、カメラを向けるとふたりがぴったり寄り添って、
いっぱいの笑顔でポーズをとってくれていました。 最近はカメラを向けると恥ずかしがって変顔をしたり、顔をそむけたりして、以前のような笑顔の写真が撮れないのが残念ですが、 今でも姉妹が仲良くしている姿を見ると、幼い頃のことを思い出し微笑ましくなります。

Happy Mama's Story

ある日、ママの旅は始まった。仕事、家事、育児で毎日忙しい。心優しくて頼れるお兄ちゃんの虎志と元気で甘え上手な弟の龍志に支えられ、ママはママでいられる。 スピードで過ぎて行く日々を「ゆっくりでいいよ。一緒に歩こう。」と教えてくれる小さな道案内人。笑いあり、涙ありの楽しいママの旅はまだまだ続く。

Happy Mama's Story

2040gで生まれたあなたはびっくりするほど小さくて大きくなるのか心配だったけど、良く動き良く食べこんなに元気に育ってくれてありがとう。 まさかおでこにヘアバンドしたサッカー女子になるなんて、全く想像もしていなかったよ。あなたの変顔は小さい頃からの筋金入りでいつもいつも笑わせてもらっております。 これからもその持ち前の明るさと変顔パワーで周りを笑わせていってください。大好きよ。

「たくさんのご応募ありがとうございました!」

たくさんのご応募
ありがとうございました!

CLONITAS×THE イナズマ戦隊 コラボレーションWEBムービー「俺たち、ママになる。」
≫PAGE TOP